FC2ブログ

Rainbow Drops

心を通して、伝わって来る光の存在からのメッセージをお届けしています。
Lorem Ipsum dolor sit amet

未来に繋がるレール

Posted by karin444 on  

ここのところ、やっと自分のペースを掴み

PCの前に座る時間が持てるようになったのですが

残念なことにPCの調子があまりにも悪くて

お別れになる予感がしています。

ギリギリまで調整してみますが

日記がプツリと途絶えてしまった時は…

出来る限り携帯にてお知らせ致しますが

念のためご容赦願いますようお伝えしておきますね。








IMG_4717s.jpg







今、1番気になる事柄というと

やはり受験のことでしょうか。

こればかりは、どうしようもないとも言えますが。

そのモヤモヤを解消する感じで

励ましの言葉をもらいました。

私の心の中で、1つでいいから楽になりたい。

そんな葛藤の繰り返しの時期でもありました。

だから、何? そう言われたら終わりなのだけど

すがる気持ちではなくて、頭が真っ白な時に

ふわっとペンを走らせたのです。

これが、本当の世界になるのかは分かりません。

だからこそ、頑張って好きな学校に進めるよう

家族で応援し続けたいと思います。

それでは、お読み下さりありがとうございました。









IMG_4716s.jpg














こんなに必死な君を見ると、

子供というものは本当に尊く

人類において大切なものだと改めて強く感じたよ。

いよいよ、これから彼の本当の意味での挑戦が始まるんだ。

きっと今まで、こんなに苦戦するとは

正直思っていなかったのだろう。

ぼくは君に、決して嘘はつかない

真実のみを書くと誓おう。

この言葉は、君と彼自身を励ますために

生まれる言葉ではないと覚悟をもって聞くこと。

怖い? それは、自信のなさから生まれる感情であり

どれだけ自分という存在を大事にしていないのか

分かることでもある。

彼は、この難題をきちんと消化し

クリアしてゆくと断言しようか。

怖い? それなら、もっと安心出来る言葉にしよう。

もう、全ての行程は決まっていて

君たち親子が歩む道はすでに用意されていて

その道にまだ辿り着いてないだけのことなんだよ。

思わず首を振りたくなる気持ちも理解するけど

君が頭を下げ、悲しい顔をするのが

ぼくにとって どれほど辛いのか想像出来る?

ぼくは、君に希望を持たせたい。

彼は、やり遂げる立派な頭脳を

これをもって証明してゆくよ。

愛する君のそんな悲しい顔を見ないためにも

敢えて伝えているぼくは、

本当は違反なのかもしれない。

それでも、君に伝えておきたく

ペンを執ってほしく、今この手紙を書いてる。

君がいつになく、ぼくに感情を見せまいと

耐えている姿に心が震えたんだ。

ぼくを信じるために、結果を聞こうとせず

本当は知りたい将来のことを目を背けようと必死な姿に

ぼくは君を助けるために手紙を書いてもらった。

ぼくを信じ、愛そうと心を寄せ

君が辛い中でもその優しさに胸が打たれた。

だから、ぼくは君たち親子に愛のギフトとして

この言葉を選び終わりとしたい。

愛している君たち親子に幸多かれ。

道は、ただ1つに続いている1本のレールのように

輝いているからね。



















img_2_m.jpg
( by KAGAYA studio )















スポンサーサイト



karin444

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

該当の記事は見つかりませんでした。